Ultrasonic Team (T. Yanagisawa, Hokkaido Univ,)    

Highlights

Aug 06, 2019
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/QKE_2019_01.htm
'>こちら</a>
Aug. 6th 2019
米国物理学会誌(Physical Review Letters)に、(Y, Pr)Ir2Zn20の単サイト四極子近藤効果の超音波測定に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら

プレスリリース 北大
プレスリリース 広大
プレスリリース 北大理
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/SOS_PRB2016.htm
'>こちら</a>
Aug. 24th 2016
米国物理学会誌(Physical Review B)に、SmOs4Sb12の静水圧力下高周波超音波測定に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/SOS_JPSJ2016-01.htm
'>こちら</a>
Mar. 18th 2016
日本物理学会誌(Journal of Physical Society of Japan)にSmOs4Sb12のパルス強磁場下弾性応答に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/URS_PRB2013-01.htm
'>こちら</a>
Nov. 26th 2013
米国物理学会誌(Physical Review B)にURu2Si2のパルス強磁場下弾性応答に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら

この記事には続きがあります:続きを読む ...

What's New

Aug 06, 2019
全学教育科目「物理学I・II」コンテンツダウンロードはこちら。
物理学II(水曜2講目:担当 柳澤)を受講している学生諸君へ
上記リンクから講義資料をPDFでダウンロードできます。

現代物理学(月曜5講目:「超音波の世界」担当 柳澤)を受講した学生諸君
次のリンクから講義資料をPDFでダウンロードできます。(講義中にお知らせしたパスワードで暗号化されています。)
平成25~27年度 日本学術振興会
頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣事業

「 核物質を含む化合物の強相関電子物性研究のための日米欧ネットワークの構築 」北海道大学 (R2501)


「これからの予定」
Sep 23-29, 2019 「 International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2019」(強相関電子系国際会議)(於 岡山コンベンションセンター)
Sep 18-21, 2019  International Workshop on Conductive Multipoles and Related Phenomena: J-Physics 2019 (於 神戸大学)

「これまでの研究・アウトリーチ活動」
Aug 6, 2018 米国物理学会誌(Physical Review Letters)に(Pr,Y)Ir2Zn20の四極子近藤効果に関する論文が掲載されました。
Mar 14-17, 2019  「日本物理学会2019年次大会」  (於 九州大学)
Jan 21-22, 2019  「新学術領域研究J-Physics: C01トピカルミーティング「拡張多極子物性研究の現状と展望」」  (於 明治大学)
Nov 28, 2018 米国物理学会誌(Physical Review B)にUAu2Si2の磁気弾性効果に関する論文が掲載されました。
Sep 9-12, 2018  「日本物理学会2018秋季大会」  (於 同志社大学 京田辺キャンパス)→北海道東部地震の影響で不参加でした。
Aug, 2018  ドレスデン強磁場研究所・チェコ カレル大学にて在外研究
July, 2018  カリフォルニア大学サンディエゴ校Maple Groupにて在外研究
July 16-20, 2018  日本物理学誌(Journal of Physical Society of Japan)にUAu2Si2の磁気構造をNMRで明らかにした成果が論文として掲載されました。
July 16-20, 2018  International Conference on Magnetism 2018 (於 San Francisco)にてContributed Talk
June 24-27, 2018  J-Physics 国際若手サマースクール「新物質と結晶育成に関する国際ワークショップ」 (於 淡路)
May 24-26, 2018  J-Physics 後半キックオフミーティング (於 東北大学 片平キャンパス)
May 21-24, 2018  希釈冷凍機&HM実験(於 東北大学金属材料研究所 強磁場超伝導材料研究センター)
May 9, 2018 米国物理学会誌(Physical Review Materials)に籠状化合物MBe13の低温X線構造解析に関する論文が掲載されました。
Apr 17, 2018 米国物理学会誌(Physical Review B)にパルス強磁場下超音波測定によるURu2Si2の多極子不安定性の探索に関する論文が掲載されました。
Mar 22-25, 2018 「日本物理学会第73回次大会」  (於 東京理科大学 野田キャンパス)
Mar 15-17, 2018  J-Physics 領域全体会議 (於 東京大学物性研究所)
Mar 6, 2018  フィリピン大学ディルマン校における北大リエゾンオフィス開所式に出席、National Institute of Physicsで講演(於 ケソン)
Feb 5, 2018 日本物理学誌(Journal of Physical Society of Japan)にUNi4Bにおける新しい電流誘起型電気磁気効果の実験的証拠に関する論文が掲載され、Editor's Choiceに選ばれました。

この記事には続きがあります:続きを読む ...

Acoustic signature of the single-site quadrupolar
Kondo effect: finding the last missing piece of the puzzle

Aug 06, 2019


A direct evidence for the a single-site two-channel (electric quadrupolar) Kondo effect is obtained by ultrasonic measurements on the diluted Pr compound Y_0.966 Pr_0.034 Ir_2 Zn_20 at very low temperatures down to 0.04 K. The elastic moduli (C11−C12)/2, corresponding to the Γ3(E)-symmetry electric-quadrupolar response, reveals a logarithmic temperature dependence in the low-magnetic-field region below ∼0.3 K, where non-Fermi liquid behavior in the specific heat and electrical resistivity have previously been reported. This logarithmic temperature variation manifested in the Γ3 quadrupolar susceptibility was the last missing piece of the puzzle to demonstrate this long-standing issue, since it had been theoretically predicted in 30 years ago.

For more information please see our paper: T. Yanagisawa et al., Phys. Rev. Lett. 123 (2019) 067201.

(also available on arXiv:1907.06284 [cond-mat.str-el])

現代物理学(月曜5限)「超音波の世界」
コンテンツダウンロード

May 07, 2018

【注意】ファイルを開く際にパスワードを求められた場合は、
講義中にアナウンスしたパスワードを入力してください。

第2回目 2018年5月7日 「超音波の世界」(担当:柳澤) Gendai_Butsuri_2018_02Ultrasound.pdf(15.7 Mb) ※一部画像を圧縮してあります。

物理学2(水曜2限) コンテンツダウンロード

Oct 05, 2016

【注意】ファイルを開く際にパスワードを求められた場合は、
講義中にアナウンスしたパスワードを入力してください。

第1回目 2016年10月5日
レポート問題      Physics2_2016_report01.pdf(10/19〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution01.pdf
スライド        Physics2_2016_slide01.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest01.pdf
初回ガイダンスプリント Physics2_2016_guide.pdf

第2回目 2016年10月19日
スライド        Physics2_2016_slide02.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest02.pdf

第3回目 2016年10月26日
講義ノート        Physics2_2016_note03.pdf
レポート問題      Physics2_2016_report02.pdf(11/2〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution02.pdf
スライド        Physics2_2016_slide03.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest03.pdf

第4回目 2016年11月2日

講義ノート        Physics2_2016_note04.pdf
スライド        Physics2_2016_slide04.pdf(*要パスワード)

第5回目 2016年11月9日
スライド        Physics2_2016_slide05.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report03.pdf(11/16〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution03.pdf
レポート問題3-2(c)の解答例(講義中に口頭で説明)
「磁石が帯電していないとすれば、その中にはほぼ同数(アボガドロ数程度)の陽子と電子が存在するため、電気的に中性となっており、1/10^25以上の精度でクーロン力は打ち消し合っている。一方、磁気力はミクロな電子の内部自由度(スピン・軌道)に由来するため、不安定殻が存在すれば、それらは打ち消し合うことなく存在するから。」
小テスト        Physics2_2016_minitest05.pdf

第6回目 2016年11月16日
スライド        Physics2_2016_slide06.pdf(*要パスワード)
講義ノート        Physics2_2016_note06.pdf

第7回目 2016年11月30日
スライド        Physics2_2016_slide07.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report04.pdf(12/7〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。失礼しました。
(誤:8つ、8方向 正:6つ、6方向)

レポート解答編     Physics2_2016_solution04.pdf

講義ノート        Physics2_2016_note07.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest07.pdf

第8回目 2016年12月7日
スライド        Physics2_2016_slide08.pdf(*要パスワード)
講義ノート        Physics2_2016_note08.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest08.pdf

第9回目 2016年12月14日
スライド        Physics2_2016_slide09.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest09.pdf

第10回目 2016年12月21日
スライド        Physics2_2016_slide10.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report05.pdf(1/11〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。失礼しました。
(誤:「反」時計回り 正:時計回り)

レポート解答編     Physics2_2016_solution05.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest10.pdf

第11回目 2017年1月11日
スライド        Physics2_2016_slide11.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest11.pdf

第12回目 2017年1月18日
スライド        Physics2_2016_slide12.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report06.pdf(1/25〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。
問6-1ヒント 誤:P=IR^2=1/2 mv^2  正:P=RI^2=-d/dt (1/2 mv^2)
問6-5問題設定 誤:C= 3.5 [mC]  正:C=3.5 [μC]
レポート解答編     Physics2_2016_solution06.pdf
※ ↑↑紙媒体配布版に計算ミスがありました。
問6-5 C= 3.5 [mC]とした場合と、C=3.5 [μC]とした場合のそれぞれの解を、上記PDFに更新しておきましたのでそちらを参照してください。
大変失礼しました!!

小テスト        Physics2_2016_minitest12.pdf

最終回(第13回目) 2017年1月25日
スライド        Physics2_2016_slide13.pdf(*要パスワード)


期末試験      Physics2_2016_finalexam.pdf

Page 1/25: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ › 最後 »

VLTLab Home Page Syndicate this site (XML)

Contents  

Archives  

Today's Quotes

Kaleidoscope

<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/URS_PRB2013-01.htm'>解説記事を読む...</a> ▶Read this article...

Fundings

Eco-inventry

path: