Ultrasonic Team (T. Yanagisawa, Hokkaido Univ,)    

What's New

Apr 05, 2017
全学教育科目「物理学I・II」コンテンツダウンロードはこちら。
物理学II(水曜2講目:担当 柳澤)を受講している学生諸君へ
上記リンクから講義資料をPDFでダウンロードできます。


平成25~27年度 日本学術振興会
頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣事業

「 核物質を含む化合物の強相関電子物性研究のための日米欧ネットワークの構築 」北海道大学 (R2501)


「これからの予定」
「これまでの研究・アウトリーチ活動」
Nov 28, 2016 米国物理学会誌(Physical Review B)にCeOs4Sb12、NdOs4Sb12のフェルミ面のトポロジーに関する論文が掲載されました。
Oct 12-14, 2016 希釈冷凍機&強磁場実験(於 東北大学金属材料研究所 強磁場超伝導材料研究センター)
Sep 26-29, 2016 「JSPS-DFG Bilateral Joint Research Seminars FY2016 14th Bilateral Japanese-German Symposium (Effects of Parity Mixing in Correlated Electron Systems)(日独セミナー)」にて講演。  (於 ガトーキングダムサッポロ)
Sep 13-16, 2016 「日本物理学会2016年秋季大会」にて講演。  (於 金沢大)
Aug 24, 2016 米国物理学会誌(Physical Review B)にSmOs4Sb12の静水圧力下における高周波超音波測定に関する論文が掲載されました。
Aug 8-12, 2016 「J-Physics若手夏の学校」に参加。  (於 高野山大学)
May 26-29, 2016  「J-Physics 領域全体会議」  (於 北海道大学)

この記事には続きがあります:続きを読む ...

Highlights

Oct 27, 2016
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/SOS_PRB2016.htm
'>こちら</a>
Mar. 18th 2016
米国物理学会誌(Physical Review B)に、SmOs4Sb12の静水圧力下高周波超音波測定に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/SOS_JPSJ2016-01.htm
'>こちら</a>
Mar. 18th 2016
日本物理学会誌(Journal of Physical Society of Japan)にSmOs4Sb12のパルス強磁場下弾性応答に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら
詳しくは<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/URS_PRB2013-01.htm
'>こちら</a>
Nov. 26th 2013
米国物理学会誌(Physical Review B)にURu2Si2のパルス強磁場下弾性応答に関する論文が掲載されました。詳しくはこちら

この記事には続きがあります:続きを読む ...

物理学2(水曜2限) コンテンツダウンロード

Oct 05, 2016

【注意】ファイルを開く際にパスワードを求められた場合は、
講義中にアナウンスしたパスワードを入力してください。

第1回目 2016年10月5日
レポート問題      Physics2_2016_report01.pdf(10/19〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution01.pdf
スライド        Physics2_2016_slide01.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest01.pdf
初回ガイダンスプリント Physics2_2016_guide.pdf

第2回目 2016年10月19日
スライド        Physics2_2016_slide02.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest02.pdf

第3回目 2016年10月26日
講義ノート        Physics2_2016_note03.pdf
レポート問題      Physics2_2016_report02.pdf(11/2〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution02.pdf
スライド        Physics2_2016_slide03.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest03.pdf

第4回目 2016年11月2日

講義ノート        Physics2_2016_note04.pdf
スライド        Physics2_2016_slide04.pdf(*要パスワード)

第5回目 2016年11月9日
スライド        Physics2_2016_slide05.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report03.pdf(11/16〆切)
レポート解答編     Physics2_2016_solution03.pdf
レポート問題3-2(c)の解答例(講義中に口頭で説明)
「磁石が帯電していないとすれば、その中にはほぼ同数(アボガドロ数程度)の陽子と電子が存在するため、電気的に中性となっており、1/10^25以上の精度でクーロン力は打ち消し合っている。一方、磁気力はミクロな電子の内部自由度(スピン・軌道)に由来するため、不安定殻が存在すれば、それらは打ち消し合うことなく存在するから。」
小テスト        Physics2_2016_minitest05.pdf

第6回目 2016年11月16日
スライド        Physics2_2016_slide06.pdf(*要パスワード)
講義ノート        Physics2_2016_note06.pdf

第7回目 2016年11月30日
スライド        Physics2_2016_slide07.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report04.pdf(12/7〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。失礼しました。
(誤:8つ、8方向 正:6つ、6方向)

レポート解答編     Physics2_2016_solution04.pdf

講義ノート        Physics2_2016_note07.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest07.pdf

第8回目 2016年12月7日
スライド        Physics2_2016_slide08.pdf(*要パスワード)
講義ノート        Physics2_2016_note08.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest08.pdf

第9回目 2016年12月14日
スライド        Physics2_2016_slide09.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest09.pdf

第10回目 2016年12月21日
スライド        Physics2_2016_slide10.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report05.pdf(1/11〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。失礼しました。
(誤:「反」時計回り 正:時計回り)

レポート解答編     Physics2_2016_solution05.pdf
小テスト        Physics2_2016_minitest10.pdf

第11回目 2017年1月11日
スライド        Physics2_2016_slide11.pdf(*要パスワード)
小テスト        Physics2_2016_minitest11.pdf

第12回目 2017年1月18日
スライド        Physics2_2016_slide12.pdf(*要パスワード)
レポート問題      Physics2_2016_report06.pdf(1/25〆切)
※ ↑↑紙媒体配布版には誤植があります。
問6-1ヒント 誤:P=IR^2=1/2 mv^2  正:P=RI^2=-d/dt (1/2 mv^2)
問6-5問題設定 誤:C= 3.5 [mC]  正:C=3.5 [μC]
レポート解答編     Physics2_2016_solution06.pdf
※ ↑↑紙媒体配布版に計算ミスがありました。
問6-5 C= 3.5 [mC]とした場合と、C=3.5 [μC]とした場合のそれぞれの解を、上記PDFに更新しておきましたのでそちらを参照してください。
大変失礼しました!!

小テスト        Physics2_2016_minitest12.pdf

最終回(第13回目) 2017年1月25日
スライド        Physics2_2016_slide13.pdf(*要パスワード)


期末試験      Physics2_2016_finalexam.pdf

A New Technique for High Frequency
and High Pressure Ultrasonic Measurements

Aug 24, 2016

A new technique has been developed which has allowed high-frequency ultrasonic measurements up to 323 MHz under a pressure of ~1.3 GPa (~ten thousand atmospheres) at very low temperatures (down to 1.5 K) to be performed for the first time. Installing a coaxial cable into a high pressure cell is a significant challenge, since the coaxial tube could act as vent to relieve the pressure. To overcome this technical difficulty, the authors installed a pair of one-side covered ultra-thin semi-rigid coaxial cables with a diameter of 0.33 mm into a hybrid piston-cylinder cell. The ‘ultrasonic method’ is one of the essential tools for investigating the electronic state via the electron-phonon interaction, while ‘pressure’ is an important parameter that allows the electronic correlations to be ‘tuned’ by controlling the lattice parameter of the crystals. By merging these technologies, the authors’ experiments revealed the exotic behavior of the 4f electrons in the ground state of SmOs4Sb12, which transform from being delocalized at ambient pressure to being localized at high pressures with a crossover pressure of approximately 0.7 GPa. Such a traditional but “nonstandard” technique not only provides special insight into this extraordinary compound, but also represents a new milestone in the development of ultrasonic measurement methods in solid-state physics.

For more information please see our paper: S. Mombetsu et al., Phys. Rev. B 94 (2016) 085142.

(also available on arXiv:1608.01066 [cond-mat.str-el])

Watermelon Drop 2016

Jul 07, 2016
全学講義「物理学1」のアクティヴラーニングの一環として、
すいかの自由落下実験を行いました。

Page 1/24: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ › 最後 »

VLTLab Home Page Syndicate this site (XML)

Contents  

Archives  

Today's Quotes

Kaleidoscope

<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/UBe13_PRL2012.htm
'>解説記事を読む...</a> ▶Read this article...

Fundings

Eco-inventry

path: