Ultrasonic Team (T. Yanagisawa, Hokkaido Univ,)    
« 研究日誌
2008-10/23「つたもみじ」
| Main | 研究日誌
2008-12/15「やってみよう物理実験」 »

研究日誌
2008-12/01「トップローディング型プローブ完成」

Dec 01, 2008

Rerearch Photo 20081201

苦節4ヶ月…夏から制作していたトップローディング型ヘリウム4冷凍機(手作り)がようやく完成しました。


試料空間は37Φあるので、大抵の圧力セルやゴニオメータを入れることができるでしょう。
超音波用にインピーダンス整合した同軸管と24端子の電気抵抗測定用ライン等を、トップフランジ(蓋)から極低温部分まで配線するという地道な作業があったのですが、学部4回生の齋藤君が辛抱強く手伝ってくれました。
断熱真空管はSUS304の化粧管で作られており、12テスラ超伝導磁石が内蔵されたデュワーにスライディングシールで取り付けることができるように設計されています。
もちろんトップローディング方式を採用しているので、超伝導磁石を液体ヘリウム温度(4.2ケルヴィン)に保ったまま、室温からサンプル交換ができます。
これと既に構築された超音波システムを組み合わせ、いよいよ超音波実験がスタートです!


Struggling against difficulties for 4 months, a hand-made top-loading-type 4He-cryostat has been completed, since we started preparing them from last summer.
The probe has a sample space of 37.0 mm dia., which arrows us to insert sample cells of several method, most pressure cells and goniometers.
Mr. Saitoh, an undergraduate student at dept. of Physics (see in the photo), performed secure hand-wirings of impedance matched coaxial tubes and 24 lines for 4-wire resistivity measurements from top-flange to very low temperature part.
An outer vacuum chamber is made by polished SUS304 tube, which was designed to suits for 12 Tesla superconducting magnet.
Of course, we can replace the sample without heating up the superconducting magnet from liquid helium temperature by a sliding-seal technique.
Ultrasonic measurements will be started in my lab soon!

WriteBacks
TrackBack ping me at
http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/diary/20081201.
Post a comment

writeback message:















VLTLab Home Page Syndicate this site (XML)

Contents  

Archives  

Today's Quotes

Kaleidoscope

<a href='http://sonicbangs.sci.hokudai.ac.jp/yanagisawa/Kaleidoscope/URS_PRB2013-01.htm'>解説記事を読む...</a> ▶Read this article...

Fundings

Eco-inventry

path: diary/20081201.htm